2011年1月31日月曜日

JBL Lancer101 / ランサー101 ヤフオク1,000円~

動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。




さきほどヤフーオークションにて1,000円スタートしたJBL Lancer101(C56 DORIAN) ランサー101(ドリアン) 珠玉の一組です。オークション終了は2/6(日)深夜。お見逃しなく。

※前回出品のL45は直接商談が成立したため、早期終了いたしました。ご了承ください。

まもなく発売される商品のご案内




2011.4.30.Sat



ケンリックサウンドがこだわり抜いて細部に至りレストアを施すJBLパラゴンが2セット完成予定です。

数あるバージョンの中でも当時最高級グレードであった、特別オーダー品のピアノラッカー仕様『PARAGON D44000WXA(後期型)』を、現代の技術でより上位品質のポリウレタン&ポリエステル塗装にて再現し蘇らせます。間違いなく世界トップレベルの音と外装のパラゴンを弊社より出品予定です。

そしてもう1セットのパラゴンは『PARAGON D44000(中期型)』。こちらは7分艶ラッカーの再現です。

この2セットのパラゴンに施されるメンテナンス内容の一部をお知らせします。

アルニコ磁気ユニットは全て再着磁を施し、各ドライバーユニットも分解清掃、ウーファーはエッジ新品交換、ネットワークのコンデンサーも新品交換、ビス類は全て新品交換。実は知られていないバックパネルの鳴きやビビリの原因となる純正ローゼットワッシャーは、木部にめり込むことがない削りだし品に交換して調整を施すことで完全に抑えられます。当然ローゼットワッシャーも全て新品削りだし品に交換。キャビネットを全て分解補修・塗装。最終段階の音響特性バランス調整はじっくりと時間をかけてポテンシャルを引き出します。できうる限りの贅を尽くした、他店では真似ができない完全レストアパラゴンです。

一生もののスピーカーだからこそ、パーフェクトな仕上がりのパラゴンをお選びください。カフェ・バーやインテリアショップなど店舗への導入もサポート致します。長期ローン可能。

『JBL PARAGON D44000WXA(後期型)ピアノフィニッシュ』・・・3,680,000円 【売約済】
『JBL PARAGON D44000(中期型)7分艶ラッカー仕様』・・・3,300,000円 【売約済】
(送料は別途お見積もり)

※掲載画像は今回のパラゴンではありません。


2011年1月30日日曜日

JBL 4343/4344/4345用カスタム内蔵ネットワーク発売

JBL 4344/4345用カスタム内蔵ネットワーク・・・ペア価格【258,000円】

4344、4345専用カスタム内蔵ネットワークです。純正の鉄芯コイルのトランスではなくて、高音質の空芯コイルをはじめ、各種最良のパーツで組み上げたネットワークです。純正の劣化したコンデンサーに代わり新品コンデンサーとなりますと、ローエンドもハイエンドもスーッと伸びて切れ味が向上します。4344,4345のネットワークとそのまま差し替え可能な商品です。純正ネットワークはペア30,000円で下取り可能です。4343用も同価格にて製作致します。

ご注文承ります。







2011年1月26日水曜日

JBL L45-S1B、貴重な2wayスピーカー ヤフオク1,000円~

動画が表示されていない方はFlash Playerをダウンロードして下さい。




さきほどヤフーオークションにて1,000円スタートしたJBL L45-S1B、貴重な2wayスピーカーです。オークション終了は1/30(日)深夜。お見逃しなく。

※直接商談が成立したため、早期終了いたしました。ご了承ください。

2011年1月23日日曜日

2011年1月21日金曜日

JBL 4345 ステンレスホーンに入れ替えカスタム





お客様のご依頼でJBL 4345の標準アルミ合金ホーンを、ステンレス無垢削り出しホーンに入れ替えカスタム致しました。

自然な鳴りと再現性が格段にアップします。重量が3倍もあり、余計な共振が起こりづらく見た目の豪華さ高まりますね。

4343、4344、4350の同様カスタムも承っております。

2011年1月16日日曜日

お客様からのお便り 福岡県 河岡様 JBL 4344 ウォールナットスタンド



2009年2月、弊社にてJBL 4344とウォールナット無垢スタンドをご購入頂いた福岡県の河岡様より画像とコメントを頂戴しました。

ケンリックサウンド
代表取締役 細井研志様
技術担当 河内秀夫様

昨年末よりJBL4344左スピーカーのメンテナンスで大変お世話になりありがとうございました。スピーカーのネットワーク接点の不良箇所もありましたが、急激な減衰・ノイズ発生はマルチで使用していますコントロールアンプ、メインボリュームの不良でした。

私の無知のせいでもありますが、素人の私に取りまして原因の究明には大変苦心致しました。スピーカーを疑ってみたり、パワーアンプを疑ってみたり、チャンネルデバイダーも疑ってみたり予備機と取っかえ引っかえ悪戦苦闘してようやく原因箇所が究明できたような次第です。 

私は他に予備機を持っていたから色んな動作テストが行なえた訳ですが、何も持たれていない方に取りましては故障箇所の特定などできないのではないでしょうか。スピーカーが返って来まして、同じような症状が出ていたため原因はスピーカーではないことがハッキリしましたのでコントロールアンプの不備を見つけられたような次第です。大変お騒がせ致し申し訳ありませんでした。

私、今年還暦を迎えます。母が若い頃から78回転のレコードを多数所持しておりまして、子供の頃から色んな歌を聴いて育ちました。そんな環境で育ったせいか、はたまたオーディオブームの幕開けを告げていた時代背景のせいか、私自身少ない小遣いを貯めては手持ちの再生機をランクアップさせていきました。

貯金をしている訳でもなく、またできる訳も無く、高価なものを購入しようとすると、どうしてもローンということになります。当時テクニクスから発売されましたブラックシリーズのアンプSU・SE-9600 スピーカーSB-7000が矢も盾もたまらず欲しくなりナショナルクレジットのローンでようやく買い求めることが出来ました。FMチューナー、カセットデッキ、オープンデッキと当時のブラックシリーズを基調とした製品を一式買い揃えました。

やがて結婚して子供が成長しだしたとき、あちこち故障しだして、修理しようにもメーカーに部品が無く「修理不能」とのことで泣く泣く全て処分致しました。その後は、「いくら高級機を揃えようが寿命がくれば使い物にならなくなる」の考えが頭にありオーディオ高級機には見向きもしませんでした。家のローンや子育てが一段落した頃、何気なくネットオークションを眺めていると昔所有していたアンプが出品されていました。しかもほぼ完璧にメンテナンスされていたものが・・・

私の得た知識で、IC専用設計の現代物は故障率が下がっている反面ひとたび故障すると直しようがありません。またこの当時のものは先ず修理不能となることがないとのことで、思い切って購入することにしました。こんな折若い頃一度聴いたJBL4343の再生音が蘇ってきまして、ネットで検索しているとケンリックサウンドさんに行き当たりました。

折りしも丁度4344が2セット518.000円で販売されていました。一度考え出すともう止まりません。家内を拝み倒して購入致しました。まあこの分は毎月の小遣いからしっかり引かれていますが・・・

私、スピーカーはどれも1台のパワーアンプで鳴らすものとばかり思っていましたので、到着後音出ししたところ何か迫力が無いし(最初はプリメインアンプでした)、昔聴いた音はこんなものではなかった・・・の思いからアンプのグレードアップを行い、また細井様からのアドバイスでチャンネルデバイダーを使用したマルチアンプシステムを紹介されました。

さすがマルチで鳴らすと迫力がありますね。腹の底から突き上げてくる重低音、カーペンターズのカレンの生々しいヴォーカル、繊細なハイハットなどどれをとっても一流の音を聴かせてくれます。CDプレーヤーの出力が可変と固定の2つあり、SB-7000は固定から接続しています。大音量で聴けないときはこちらの方で聴いています。また4344をメインにSB-7000を邪魔にならない程度で音出しすると臨場感が更に増し大変良い音になります。こうした使い方は邪道でしょうか?

JBLのモニタースピーカーは「ジャズ向き」という固定概念があるみたいですね。なるほどジャズでも素晴らしい演奏を聴かせてくれています。しかし・・・私はあらゆるジャンルのものを聴きます。ジャズ・クラッシック・ロック・ボーカル・演歌など人が好む物は大抵聴いています。

このスピーカーがなぜジャズだけなのでしょう?試聴できない人にはJBLはジャズ専用と間違ったイメージを持ちかねません。決してジャズだけではありません。良い音を聴かせてくれるスピーカーはあらゆるジャンルの音楽を十分に堪能させてくれます。きっと(私はあまり信用していませんが)オーディオ評論家が勝手に間違った解釈をしてこのようなイメージを植えつけたのでしょうね。

昔こんなことを言っていた評論家もいるんですよ。「アメリカの乾いた気候のもとで生まれたスピーカーが湿度の高い日本で同じような音が出るはずが無い」と。皆さんどう思いますか?オーディオは人が何と言おうが自分が納得すれば良い世界です。自分が感じたイメージを大切に致しましょう。

今後は個々のグレードアップも計画していますが、先ずは部屋の模様替えを計画しています。お客様の声のコーナーでは皆さん立派な部屋に設置されていて、私のような粗末な和室に設置している方は見受けないので紹介するには気が引けますが、この4344だけは今後も手放す気はありません。ケンリックサウンド様で蘇らせて頂いた名機を今後も大切に使用したいと願っていますので思い切って投稿してみました。

お金も沢山遣いましたので、もうそろそろこの辺りでグレードアップも止めておかないと取り返しのつかない悲劇が訪れるやもしれません。

今回メンテナンスで不安を抱えている折、「無償修理は6ヶ月ですがスピーカー本体の故障であれば送料を負担願えれば無償にて行ないます」と大変ありがたいお言葉を頂き感激致しました。

私のような素人が、このような大それたスピーカーを維持して行くことが今後も可能か?手に余れば思い切って手放そうかと迷うときがありましたが、そんな不安な思いもこの言葉で吹き飛んでしまいました。何に増して、今後もこのスピーカーを維持して行く上で大変心強いお言葉になりました。そして今回片方のみのスピーカーのメンテナンスでしたが、無償でここまでやって頂けるのかと感心させられました。

また故障箇所の特定に「今後の原因確認用に弊社から小型のパワーアンプとモノラル録音の音楽が入ったiPodもともに貸し出しを考えております。」と至れり尽くせりのお言葉に、ケンリックサウンドさんは業者の鑑のような方だと感服させられました。もし、私のような素人の方が購入を検討されているのでしたら、是非ともケンリックサウンドさんをお勧めします。どうしようもない物を購入しても後々高くつきます。そのようなことのなきよう安心かつ信頼できる業者から購入するのはとても大事なことだと思います。

長々と具にも尽かないことを述べましたが、今回はとてもお世話になりました。大変感謝しております。また何か有りましたら真っ先にご相談させて頂きますのでよろしくお願い致します。

またお礼の言葉が最後になりましたが、ケンリックサウンド様御一同様の今後益々のご発展とご健勝を祈念致しまして、お礼の言葉にかえさせて頂きます。

北九州市 河岡



河岡様には、2009年2月にJBL 4344とウォールナット無垢スタンドをご購入頂きまして、鳴らし方やグレードアップ方法などについてアドバイス差し上げておりました。

その過程で、どうも片チャンネルの音の調子が良くないということでしたので、電話やメールでどこに原因があるのか調べる方法をご案内しておりました。いよいよ特定が出来ないということで、先日スピーカーをお送り頂き、一通りチェックを行いましたところ、主だった原因がアンプ側であるということが判明しました。結果的にアンプの修理を行い、無事に快音を取り戻せたとのことで、我々も安心することができました。

河岡様、今後ともよろしくお願いします。

お客様からのお便り 埼玉県 小林様 JBL 4343B ウォールナットスタンド









2010年9月、弊社にてJBL 4343BWXとウォールナット無垢スタンドオリジナル電源タップをご購入頂いた埼玉県の小林様より画像とコメントを頂戴しました。

ケンリックサウンド 細井様
スタッフ一同様

年末に届きましたJBL4343Bですが、最初は「こんな大きいものを無事に鳴らすことができるのだろうか?」と既存のアンプに不安を感じていましたが、20日近く経ちだいぶ音が馴染んできたように思え、今までは味わえなかったダイナミックでありながらも細かいところまで再現された音の楽しさを感じています。

元々ジャズ聴きなので低音のベース音までどっしりと聞こえるのはジャズの楽しみを十二分に味わうことができます。スピーカーが大きいので家族はとてつもない音が出るかのように思っていたのですが、いざ聴いてみると音漏れも少なく、思ったよりも軽やかにコントロールされている音に驚いています。

一緒に頼んだ、電源タップも市販の電源タップでは感じられないような重厚さと冷却感を持っていて、クールなサウンドを作り出すのに一役かってくれています。

こうして4343Bを聴いていると、「これでアンプを替えたら…」「これでケーブルを替えたら…」とますます欲が出てきます。今の音を楽しみながらも、将来のグレードアップも楽しみです。

身分不相応かとは思いましたが、やっぱり思い切って購入して間違いはなかったと思います。

この度は保管からいろいろな面までお手数をおかけしました。また、何かご機会がありましたら、ぜひ御社にお願いしたいと思います。
ありがとうございました。

小林 弘一


小林様、このたびのご購入ありがとうございました。昨年の9月にお問い合わせ頂き、ご試聴の上、4343BWXをご購入頂きました。商品はご新居が完成する年明けまでお預かりすることとなりましたが、予定より早く昨年末に完成したということで無事に納品の運びとなりました。

長らく期待されていたスピーカーがお手元に届き、年末年始は素晴らしい音と共に連休をお楽しみ頂けたかと思います。

小林様、今後ともよろしくお願いします。

弊社では、ご新居の完成に合わせて商品の保管をさせて頂くことが可能です。また、お支払い方法として分割ローンやボーナス一括払い、商品先納入の最大6ヶ月後お支払いという方式にも対応しております。

お問い合わせください。

2011年1月10日月曜日

ケンリックサウンド忘年会 in 庄や

あけましておめでとうございます。

ケンリックサウンドの佐久間です。

毎日寒いですが、みなさま体調はいかがでしょうか?

これだけ寒くてもケンリックサウンドのスタッフは相変わらず元気です。



それは、、、



お酒があるから(笑)


今年も忘年会やってきましたよ! in 庄や(長原店)



カンパ~~イ!!


サラダの盛り合わせ


肉盛りとチキン男


ちゃりんこで転けて顔面ケガしてます(笑)

ヒラメちゃん!!
これすごい美味しかったです!!


技術担当のハンサム河内


細井代表、、、口に手をあててお上品(笑)

エッジ交換のプロフェッショナル岡田(珍しくスーツ着て男前!)



次は新年会ですかね。

さらに今年もケンリックサウンドを盛り上げていきたいと思います!!

みなさま今後とも宜しくお願い致します。

2011年1月9日日曜日

超希少 JBL 4310 シリーズ唯一のオールアルニコモデル





大変珍しいJBL 4310のメンテナンスが完了しました。431Xシリーズの起源であり、唯一のオールアルニコモデルです。後継機となる4311に用いられるLE25は全てフェライトであるため、アルニコツイーターであるLE20が組み合わせられた4310こそが、最初で最後の、真のアルニコサウンドが感じられる希少なモデルとなります。

ケンリックサウンドのメンテナンスを経て、新品かのような仕上がりと音が蘇っております。

滅多に市場に現れない4310は、コレクションにも最高!お問い合わせください、早い者勝ちです。

スタンド付ペア販売価格・・・298,000円(売約となりました)

Technics SB-9500 超弩級の5ウェイ・7スピーカーが完成予定









高さ2mを超える超弩級スピーカー、Technics SB-9500の組み上げ作業を行っています。発売当時の定価【2,000,000円】、重量190kgという桁外れの5ウェイ・7スピーカーです。お楽しみに。

2011年1月7日金曜日

オーディオ用200V電源確保 分電盤よりVVFケーブルにて





なにやら怪しげな後ろ姿・・・

事務所にてオーディオ用200V電源の確保作業を行っております。分電盤から個別にVVFケーブルで200Vを引き出し、パワーアンプそばのステップダウントランスまで送り込みます。ショールームにはステップダウントランスが2種類あり、100Vに降圧させるもの、115Vに降圧させるものを、対応する機器に応じて使い分けます。

無論、日本国内で100V駆動に使われる機器には100V接続、アメリカからの輸入機器には115Vを供給する方が躍動感高く働きます。

2011年1月6日木曜日

お客様からのお便り 埼玉県 菊地様 JBL 4343ASF ウォールナットスピーカーボード











弊社にてJBL 4343ASFとウォールナットスピーカーボードをご購入頂いた埼玉県の菊地様より画像とコメントを頂戴しました。

JBL4343ASFの設置の報告です。

ケンリックサウンド株式会社
代表取締役 細井研志様
スタッフ御一同様

このたびはありがとうございました。

購入に当たって色々検討した結果、ケンリックサウンドさんでスピーカーを買うことになりました。

私の仕事柄、パソコンのメールではなく、携帯電話での電話やメールのやりとりで、始めは高額商品ですし不安もありましたが、迅速そして丁寧な対応でこちらの要望にも素早く対応していただいたのがとても印象的ですぐに不安も消え安心して買うことができました。

中古オーディオ店やオークション等でもJBLスピーカーは流通していますが、私の感想としては見た目だけでは判断できない経年変化や出音などの変化まで調整していながら、外装の塗装やネジに至るまでこだわり抜いたJBLに対する思い入れがケンリックサウンドさんにはあると思いました。自動車でいう輸入車の中でも、ポルシェや欧州車などの特定の車種のみを専門とするお店と似たような感じがします。

私のオーディオ歴は18年、父の勧めでアキュフェーズのシステムをローンで購入したのがきっかけでした。

当時は高校生で高額なローン返済に追われながら大切に使用してきました。現在も使用中です。JBLスピーカーを選んだきっかけは父が4343とか4344は歯切れがいい音がしていつかはほしいといつも口ずさんでいました。

そんなある日久しく見ていなかったステレオの通販サイト等を見ていくうちにJBL43シリーズに特化して販売しているケンリックサウンドさんにたどり着きました。自分が生まれる前に発売されたスピーカーがこんな良い音でしかもきれいな状態で販売していることに驚き毎日のように見続けました。 

私のような一般の会社員が高額でしかも大型のスピーカーを買うことはどんなメリットがあるんだろうと日々葛藤しました。でもステレオや音楽を通して出てくるものは音だけではなく、感情が伝わる感動がある。特にJBL4343は自分の好みに合うと確信をしました。綺麗な音や奥行きのある臨場感など良いスピーカーは他にも沢山あると思いますが、趣味の世界として私には4343だと思いました。

是非20代30代の方にもおすすめしたいスピーカーだと思います。

現在のシステムではマニアの方々からすればスピーカーがかわいそうだと思われると思いますが、私はそうは思いません。オーディオは趣味の世界であり、自分好みの音にチューニングしてゆく過程が楽しい事だと思います。

どんなシステムでもスピーカーの配置やCDプレーヤーやアンプの振動対策、インシュレーター他を駆使して音の変化は楽しめると思います。又キャスター付きスタンドも使い方によっては、聴くときだけ一番良い配置にしたりすることが簡単にできるし、スタンド自体も共振させる部分と固定させる部分とで役割を明確にしながら少しの工夫で低音が締まったきたりして自分なりに考えた音がでるととても感動します。

今後はシステムを変更してよりよい音への追及とともに大切にスピーカーを使用していきたいと思います。

今後もよろしくお願いいたします。 

菊地 章雄



菊地様、このたびのご購入、誠にありがとうございました。きっかけは携帯用の弊社サイトをご覧になってとのことでした。ブログで紹介した、販売予定のスピーカー、4343ASFについてお問い合わせいただき、すぐにご予約となりました。

背面端子は大型金メッキ端子に交換、ウォールナットスピーカーボードも同時ご注文です。

昨年12月にご予約いただきましたので、どうにか年内に納品できるように修理メンテナンスを完了させ、無事に12/18納品が可能となりました。

年末年始は存分にJBLサウンドをご満喫いただけたかと存じます。

菊地様、今後ともよろしくお願いします。

本年もよろしくお願いします。JBL 4344 ダークブラウン×オフホワイト



明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いします。

さて、画像にあるスピーカーは、ダークブラウン・ピアノフィニッシュ×オフホワイト・バッフルという、特別仕上げのJBL 4344です。良質な中古4344に塗装を施し、ポリッシュ仕上げ、ピアノフィニッシュを経たスペシャルモデル。外観はキズ一つなく新品そのものであり、輝きも特別です。高級ピアノと同一の加工、ポリウレタン塗装の外装は眺めていても本当に美しい状態です。ブラックに近い濃いめのブラウンですが、木目はきっちりと見えております。

ぜひ、ご検討ください。

ペア価格・・・698,000円

ご予約可能です。(売約済)