2024年5月23日木曜日

アッテネーターノブ 5,000個 完成しました。JBL4343,4344,L100,L200,L300等



レストア作業になくてはならない存在のアッテネーターノブ。しばらく在庫切れしていましたが、今回5,000個製作しましたので、当面安泰です。

アッテネーターのつまみはコインなどで損傷を受けていることが多いですが、ここを新品に交換するとスピーカーが見違えます。数多くの民生用、プロ用のJBLスピーカーに使われており、主に下記スピーカーに適合致します。

【JBL 民生用スピーカー】
JBL L26, L36, L40, L50, L65, L88, L96, L100, L112, L150, L150A, L166, L200, L200B, L212, L300, L300A

【JBL プロシリーズスピーカー】
JBL 4301WX, 4301BWX, 4313WX, 4313BWX, 4315, 4320, 4325, 4330, 4331, 4331A/4331AWX, 4331B/4331BWX, 4332/4333, 4333A/4333AWX, 4333B/4333BWX, 4340/4341, 4343/4343WX, 4343B/4343BWX, 4344, 4344MKII, 4344M, 4345, 4350/4350WX, 4350A/4350WXA, 4350BWX, 4355, 4430, 4435

2024年5月16日木曜日

お客様の声 滋賀県・上田様 JBL 4312MKIIのレストア+チューン











【お客様のコメント】

細井様、ケンリックサウンドの皆様

この度は4312MKIIのレストア+チューンを施して頂きありがとうございます。

4312MKIIは4312シリーズの中でも、キャビネットやユニットの造形とその配色のバランスが極めて秀逸と思っていて、この雰囲気をあまり変えたくないとお願いしていました。ですのでユニットはツイーターのみ換装して頂きましたが、これによって金属の質感が加わり、より精悍な外観になりました。すごくカッコイイです。大正解でした。

肝心の音質ですが、これには驚かされました。 一聴して反応の良さ、抜けの良さ、定位の良さを感じました。音量は同じであるにもかかわらず音圧が高くなったのではと思うほどです。もちろんそれだけではなく、楽器やボーカルもとてもリアルで音楽的であり聞く人を熱くする、感動させる何かがこのスピーカーにはあります。

多くの方が満足されているのはきっとそういう理由ではないでしょうか。これがケンリックサウンドのチューニングの妙なのでしょうね。決してお安くはないですがその価値があります。本当に素晴らしい音質です。

これだけポテンシャルの高いスピーカーに仕立てて頂いたわけですから、私も鳴らしきれるようにひとつずつ楽しんでいきたいと思います。

細井様、ケンリックサウンドの皆様におかれましてはご多用の中とは思いますが、どうぞお体をご自愛してお過ごし下さい。

御社の益々のご発展を心よりお祈り申し上げます。



【ケンリックサウンドからのコメント】

上田様は、2015年に、JBL 4425が気になっており購入検討したいというご相談を頂戴しました。その際、4312Mk2のカスタム仕様も気になっているお話しもありました。その後、時間を空けて2023年5月に、JBL 4312mk2を入手されたので、ぜひ当社でレストアとチューンナップをされたいというお申し出を改めて頂いたのです。

ご予算とも相談しながら仕様を決めて頂き、作業を実施いたしました。もちろん、音の決め手である当社オリジナルのベリリウム合金ダイアフラム、アルニコツイーターの『Be20Al』も組み込んでいます。


嬉しいことに上田様は1979年生まれで私と同世代です。

そして、当社で過去に431X系をオーダー・カスタムされた
名古屋のこの方も、
https://youtu.be/zInT_sqZTZw

都内のこの方も、
https://youtu.be/xTWcUBEPhJ0

浅草のこの方も、
https://youtu.be/WZsJjUeMPaw

福岡のこの方も、
https://youtu.be/YSHnHkeN15U

実は全員45歳前後の同世代の方々で、皆、ご満足されている面々です。

上田様も、ぜひ末永くご愛用ください。
ありがとうございました。

2024年5月1日水曜日

PIONEER HPM-1100 + Fountek Neo X 3.0 custom upgrading KENRICK SOUND ケンリックサウンドでの希少なパイオニアスピーカーアップグレード



PIONEER HPM-1100 + Fountek Neo X 3.0 custom upgrading KENRICK SOUND ケンリックサウンドでの希少なパイオニアスピーカーアップグレード

2024年4月21日日曜日

ウーファー配置は上か?下か? JBL 4311 Best Woofer Position Up? Down? KENRICK's Thought ベストポジション ケンリックサウンド の考察



前回の動画コメント欄で、JBL 4311 のウーファーの配置について、純正のウーファー配置のような上寄せではなく、下寄せに配置することが望ましいかどうかについて質問がありました。これはさらに深堀する価値のある話題です。このトピックには重要な関連要素があり、個別の回答として残すのは賢明ではないと判断しました。そこで、このテーマに関する包括的なビデオを作成しましたので、フォロワーの皆さんと共有したいと思います。

4311レイアウトの天地が逆ではないかと思われますか? もしこの12インチ・ドライバーが本当に真のウーファーであるならば、確かに現在の位置とは逆の方が帯域合成が良くなるはずです。しかし、このドライバーはウーファーではありません。

まず前提として4311に用いられる標準純正ユニットである2212を便宜上ウーファーと呼んでいますが、実はJBL D123を始祖とする「フルレンジユニット」なのです。また、マルチウェイ構成で成立するようf0を下げる工夫として質量を伴うコーン塗布剤・アクアプラス処理が施されてはいますが、4311のシステムとして使用する場合でもクロスオーバーフィルターの類は一切介在せず、アンプから直結ダイレクトに全帯域信号が通るメインユニットであるわけです。

つまり指向性が高い中高域成分のエネルギー分布は最もこのユニットに集中します。一方、スコーカーとツイーターは拡散性が高く指向性の低いペーパードームコーンであることに加えて各々コンデンサー1個(8uFと3uF)の一次フィルターでハイパスさせた、中高域エッセンスをそっと添えているに過ぎません。ゆえに、この12インチドライバーが上部配置、リスニングポジションのより耳に近い位置へ底上げされていることで、かえって音像結合は自然になるわけです。そして、標準2122の代わりに今回インストールした動画に登場するカスタム版D131でさえ、わずか0.013mHのコイルをシリーズに噛まして(ローパス目的というよりも位相特性向上のため)いるものの、ほぼ全帯域通過します。

結論としては聴感上において、より自然に帯域合成が成され定位がまとまるのは、フルレンジドライバーが下部にレイアウトされ始める4312時代からであっても、むしろこの4311スタイルへ配置変更することなのです。なぜならば、3wayスピーカーと称されながらも実情は「フルレンジユニット+2」であり、低域のみならずヴォーカル領域である中高域までもが主役であるこのドライバーに集中するからです。スコーカー、ツイーターとのレベルマッチングもそれらを脇役として控えめにすることが、理想的な点音源に近いまとめ方ということになります。

よく、このユニット構成のレイアウトヴィジュアルからのみで早計判断し、「ウーファーが逆さまに配置されている」「スタジオ用スモールモニタースピーカーとして上部へ設置するためだけの天地逆構造だ」という、誤った認識をされる方がいますが、恐らく、JBL 4310を起点とした431Xシリーズの成り立ちを深く正しく理解できていなかったり、徹底した良否比較での実地経験が浅く、浅慮のまま、ただ空論をされているだけかと存じます。もし周囲にそのような方がいらっしゃれば、ぜひ伝えてあげてください。


In the comments section of the preceding video, you inquired as to the suitability of the woofer placement on the JBL 4311, specifically whether it is preferable to have the woofer positioned up instead of down as in the stock woofer placement. This is a question worthy of further investigation. This topic has important related factors, and we deemed it unwise to leave it as an individual answer. Consequently, we have created a comprehensive video on the subject that we would like to share with our followers.

Might I inquire as to whether you suspect that the 4311 layout is upside down? If this 12" driver is indeed a true woofer, it would certainly have better bandwidth synthesis in the opposite of its current position. However, this driver is not a woofer.

First of all, the 2212, the standard factory unit used in the 4311, is called a woofer for convenience, but it is actually a "full-range unit" originating from the JBL D123. Although the 2212 is treated with Aquaplas, a mass-added cone coating agent, to lower the f0 so that it can be used in a multi-way configuration, when used in a 4311 system, it does not involve any kind of crossover filter and is the main unit through which the full bandwidth signal is directly routed from the amplifier. This means that the mid- and high-frequency components are highly directional.

In other words, the energy distribution of the highly directional mid-high frequency components is most concentrated in this unit. On the other hand, the squawker and tweeter are only gently added mid-high frequency essences that are high-passed by a primary filter with a single capacitor which is 8 uF and 3 uF each, in addition to a paper dome cone with high diffusivity and low directivity. Therefore, the 12" driver is placed at the top, closer to the ear in the listening position, which makes the sound image coupling more natural. And even the custom D131 that appears in the video installed here instead of the standard 2122 has a 0.013 mH coil in the series (for phase response improvement rather than low-pass), but it passes almost the entire bandwidth.

In conclusion, it is this 4311 style arrangement, rather than the 4312 style, that allows for more natural bandwidth synthesis and localization in the listening experience, even after the 4312 era, when full-range drivers began to be laid out in the lower part of the speaker. This is because although it is called a 3 way speaker, it is actually a "full range plus 2" and not only the low frequency range but also the mid-high range, which is the vocal range, is concentrated on this driver, which is the main driver. The level matching with the squawker and tweeter should be kept moderate, with them playing a supporting role, which is the ideal way to put together a near point source.

Some people often make hasty judgments based solely on the visual layout of this speaker unit configuration and incorrectly believe that the woofer is placed upside down or that it is an upside-down structure for the purpose of installing it on top as a small monitor speaker for studio use. However, I believe that they are just making blanket statements without any deep and correct understanding of the origin of the 431X series, starting with the JBL 4310, or without any practical experience in thorough comparisons of the pros and cons. If you know someone who would fall into that category, please let them know.

2024年4月18日木曜日

Birdseye Maple KENRICK SOUND JBL 4311 Special Version w/ JBL D131, LE5-2, LE20-2 ケンリックサウンド カスタム 4311



Birdseye Maple KENRICK SOUND JBL 4311 Special Version w/ JBL D131, LE5-2, LE20-2 ケンリックサウンド カスタム 4311

2024年4月16日火曜日

お客様の声 神奈川県・浅見様 反転着磁フェライト版 ケンリックサウンド KRS 4344 早速お届け! Inverted magnetized Ferrite Ver. KENRICK SOUND 4344 Delivery







KENRICK SOUND Model 4344とSANSUI AU-X1111MOS VINTAGEを納品セッティングしました。接続ケーブルは全て当社オリジナルの純銀単線ケーブルです。専用設計のオーディオルームで思う存分お楽しみ頂けます。浅見様、この度は誠にありがとうございました。

【お客様のコメント】

浅見でございます。昨日は大変ありがとうございました。

改めて4344のすばらしさを、いや、”ケンリックサウンド”レストアのすばらしさを味わいました。これからいろいろな楽曲を聴くのが非常に楽しみになりました。また、いろいろなデジタル機器を試し聴きできたのは大変参考になりました。特に自分のシステムで聴くことができたのはとても良かったです。導入をしたいという気持ちが強いです。

JBL4344が発売された当時から、いつかは所有したいと思っていました。ですが、価格的に非常に高価でありまた設置スペース的にも困難でありあきらめておりました。が、60代半ばになり昔の気持ちをそろそろかなえてもいいかなと思うようになりました。

今の時、4344は当然作られていません。中古を探すしかありません。中古市場で探すとオークションやオーディオ店などいろいろな場面で見かけることができました。また、レストアもいろいろな店や会社などが行って中古品を販売していると気づきました。今でも買うことはできるんだなと安心は致しました。

しかし、単なる中古品を買っても故障を起こしたり、結局レストアに出さないといけないということになりかねないなと。

ではレストアを謳っているものは大丈夫なのか?と考えると、どういうレストアを行っているのか、どの程度まで音としてこだわっているのかがまったくわかりません。

どうしようかな?と思っていたところある時YouTubeの中に"ケンリックサウンド"という映像を見つけました。

まさにJBL4344で音楽を流している映像です。あっと思い、ケンリックサウンドさんのYouTube映像をいくつも見続けました。見ていると、あらゆる分野、角度からすべての部品や製作方法など、出てくる音を第一に考えレストアしていることがよく理解できました。

また、音とは直接関係ないであろう外観についても体裁を考え、まるで新品のような見た目にも気をつかっているということがうかがえました。

納品時の梱包も疎かにはしていないことが映像からわかります。

部品選び、レストア、納品まですべてにおいて手を抜かず神経を行き届かせているということです。

私は早速ケンリックサウンドさんに4344を購入したい旨をメールで送りました。

さっそく次の日、メールではなく細井社長から直々にお電話を頂きました。あまりの早さにびっくりしましたが、今日聴きに来ませんかという事にもびっくりしました。が、私も聴けるならぜひ聴きたいと思っていましたのでさっそく行きました。

YouTube映像と同じように素晴らしい鳴り方に感動したのを覚えています。即、購入申し込みです。しかし納品は6ヶ月から8ヶ月先ですと言われ、それもまたびっくりです。

しかし、それだけオーダーを抱えているということ、それだけ完璧なレストアで完成させようとしていることの表れだと納得しました。

約7か月後に納品されましたが、予想通りに我が家に、外観、発する音色、迫力、すべてに満足行くものが届きました。梱包も完璧でした。

長年の夢だった4344で聴きたいという夢が叶いました。

ほんとうにケンリックサウンドさんにお願いして良かったと思います。これだけ素晴らしい4344なので、これからは接続された機器群にもグレードアップを考えようと思います。それにも、またケンリックサウンドさんにお手伝いをお願いしたいと思います。

ほんとうにありがとうございました。



【ケンリックサウンドからのコメント】

浅見様、この度はケンリックサウンドスペシャル仕様のJBL 4344、KENRICK SOUND 4344のご注文、誠にありがとうございました。

7ヶ月という期間をお待たせ致しましたが、能力の高さから、届いてすぐに良い音であるという絶対的なアドバンテージを目の当たりにして頂けたと思います。

今後はデジタル再生機器周辺のアップグレードをお任せください。ありがとうございました。

2024年4月7日日曜日

AlNiCo? Neodymium? Inverted magnetized Ferrite Ver. of JBL 4344 !! 反転着磁フェライト版ケンリックサウンド 4344の滑らかで冴える音



フェライトマグネットを備えていながらも、まるでアルニコマグネットであるかのようなシャープで滑らかな音再現ができるようになったJBL 4344を紹介します。

もちろん、いつものようにクロスオーバーネットワークのパーツはより音声信号が良好に流れる方向性、つまりコンデンサーや抵抗、インダクターに至るまで、巻線の向きを揃えるなどの地道な作業を行っております。

そして今回フェライトマグネットでありながら初めて、反転着磁の作業を実施しております。それこそが、この音の秘密です。ボイスコイルとの組み合わせで、本来はセンターがS極になっているものをコンプレションドライバーを除いた全てのスピーカーユニットにおいて、N極へ反転着磁しています。

コンプレッションドライバーのみをS極のままにする理由は、構造上、反転装着されたダイアフラムの内側からフェイズプラグを経由して音道を通るため、他ユニットとは元々ボイスコイルの装着向きが逆になっております。

2024年4月1日月曜日

お客様の声 山形県・森谷様 ケンリックサウンド・ピアノブラック KRS 4343 & Viola Bravo オーディオ専用ルームへ導入 KENRICK SOUND 4343 install / Mr. Moriya



山形県の森谷様へ、KENRICK SOUND Model 4343とSoulnote P-3、D-1N、Viola Bravo、Novafidelity ネットワークプレーヤーを納品セッティングしました。接続ケーブルは全て当社オリジナルの純銀単線ケーブルです。専用設計のオーディオルームで思う存分お楽しみ頂けます。森谷様、この度は誠にありがとうございました。

お客様の声 東京都H様 JBL 4343AWX カスタムアップグレード



【お客様のコメント】

この度は愛機の4343AWXにカスタムを施して頂きありがとうございました。

音質、外観共に素晴らしい仕上がりで大満足です。

外観について傷や打痕のあったキャビネットはまるで新品同様です。

そして特に気に入っているのはホーンの機能美で、ステンレス削り出しの鏡面仕上げから放たれる光の輝きはつい見惚れてしまうほどの美しさです。

肝心の音質はボーカルは嫋で力強く、ジャズは研ぎ澄まさ切れ味の鋭いエッジの効いた音で楽しませてくれます。

この相反する要素を共存させることの出来る、唯一無二のスピーカーシステムはケンリックサウンドで無ければ実現出来ないと考えます。

スピーカーが到着した当日は丸一日、システムの前から動けないほど魅了されてしまいした。

今後は300Bのモノラルパワーアンプの導入、2way化などスピーカーの性能を100%出し切れるようにステップアップして楽しみたいと思います。

スピーカーレストアラーとしての魂の籠った、逸品に巡り会えた事に感謝と尊敬の気持ちで一杯です。本当にありがとうございました。



【ケンリックサウンドからのコメント】

H様、この度はお手持ちのJBL 4343AWXの修理およびカスタムチューニングのご依頼、誠にありがとうございました。

お待たせ致しましたが、かなりご満足頂ける領域にまで進化したと思います。

今後とも変わらず愛でて頂ければ光栄です。ありがとうございました。

2024年2月25日日曜日

[Old Vid] 寺岡呼人 × 細井研志 JBLスピーカーへのこだわり (Yohito Teraoka x Kenji Hosoi at KENRICK SOUND) 2013年ケンリックサウンド



寺岡呼人 × 細井研志 JBLスピーカーへのこだわり (Yohito Teraoka x Kenji Hosoi at KENRICK SOUND) 2013年に、寺岡呼人さんにインタビューさせて頂いた動画を再アップいたしました。

2024年2月23日金曜日

初期型ホワイトコーンモデル JBL 4341 ご注文可能 297万円 Initial Model : Available to buy at 2.97 million Yen 



初期型ホワイトコーンモデル JBL 4341 ご注文可能です。・・・297万円 Initial Model : Available to buy at 2.97 million Yen

2024年2月14日水曜日

まもなく発売される商品のご案内

JBL 4428 スタジオモニター3way 純正スタンド・JS-350A付き ドライバー極性反転 ボイスコイル真円出し+芯出し調整 ケンリックサウンドのオーソドックスレストア

価格・・・693,000円(税込) 予約可能

JBL 4428をケンリックサウンドにて徹底的にオーソドックスレストアしたスピーカーです。基本に忠実なレストア内容ながら、コンプレッションドライバーのボイスコイル真円出し、並びにダイアフラムのセンター出し作業の高精度な作業によって標準のままでは得ることのできない高域の伸びと階調の豊かさを実現しています。ウーファー、ツィーターのメンテナンスとアッテネーターも新品交換済み。

オリジナルの175Nd-2で必ずと言って良いほど起こる磁性流体漏れ、およびネオジムマグネットの錆びに伴うダイアフラム固着を避けるため、磁性流体除去作業を行います。それによってダンプされていた響きの一番おいしい部分を失わずに伸びやかな出音が確立されます。しかし、その反面、ダイアフラム鳴きを抑えるダンプ目的の磁性流体を省くことにより、余計な共振が発生します。それは設計都合による適切な芯出しが難しいことに起因しています。当社では、正確な芯出し精度を確立することで、その問題をクリアしています。

前回販売の参考商品:ケンリックサウンド JBL 4428 オーソドックスレストア






希少なJBL 4341初期型ホワイトコーン・オールアルニコモデル ケンリックサウンドカスタム

価格・・・2,970,000円(税込)
 予約可能

希少なJBL 434Xシリーズの始祖、4341の中でもごく僅かな期間にしか製造されなかった初期型モデルを再現した、ホワイトコーン(JBL 2230Aタイプ)を有するオールアルニコ個体です。

JBL 2230Aは非常にレアで、本来4343に用いられる2231A、ましてや4344に用いられるフェライトの2235Hとは、全く異なる特徴を持っています。ボイスコイル先端に、ダイキャスト製マスコントロールリングを備える2231Aに対して、2230Aはコーン紙表面のアクアプラスがその役割を果たします。2231Aよりも相対的に軽め、なおかつマスリングのようなコーン中心に比重が偏ることなく均等な重量を持つ振動系は、130系のウーファーが持つ軽やかさと、質量リング搭載の最低周波数を伸ばしたウーファー類の、両者の良さを兼ね備えた存在となっています。

ステンレス無垢ホーンや、ステンレス無垢バブルバックカバーを備えたコンプレッションドライバー、そして定評のあるウーファーマグネット漏洩磁束を逆手に取った露出型ファインメットコアコイルの採用で、より理想的な音を引き出すことに成功しています。限定、お薦めのペア。お早めに!









純銀単線エナメル巻オリエントコアコイル搭載 JBL C38 Baron バロン マリングレード米松合板使用ケンリックサウンド新品精巧リプロダクト

価格・・・1,650,000円(税込)
 予約可能

生音に近い『軽低音』。ガツンとくる図太い『重高音』。目指したのは、そんな生々しい描写力です。約60年前に設計されたJBLバロンを、理想的な音を生み出すべく、ケンリックサウンドのノウハウを注ぎ込み、全て一から作り上げました。

前回販売の参考商品:JBL C38 Baron バロン ケンリックサウンド新品精巧リプロダクト




JBL 4343ASF アルニコ再着磁 マスリングレス・ウーファー タンジェンシャル振動板 ムンドルフ銅箔M-Coil外部ネットワーク式

価格・・・4,400,000円(税込)
 予約可能

ケンリックサウンドの外部式ネットワークで駆動する最高峰カスタム版の4343ASFです。

前回販売の参考商品:ケンリックサウンド スペシャルJBL 4343ASF




2024年2月12日月曜日

音良し!ケンリックサウンド製 純A級 無帰還DCアンプテスト Amazing!! KENRICK SOUND Non-Feedback Class-A Solid State DC Amplifier



ケンリックサウンド製 純A級 無帰還DCアンプが完成しましたので、そのテスト動画です。さらっと繋いで鳴らしても緻密で甘美な音色だということが分かります。出力はまだ不十分であるものの、ポテンシャルは大いに高いと思います。

2024年2月3日土曜日

音楽性を引き出す音質向上スピーカーチューニングの手法 ハーベス・HLコンパクト Kenrick Sound improved Harbeth HL Compact Speakers



ノウハウの塊でございます。JBL以外のスピーカーであっても、このような音再現が可能です。音楽性を引き出す音質向上スピーカーチューニングの手法 ハーベス・HLコンパクト Kenrick Sound improved Harbeth HL Compact Speakers

2024年1月21日日曜日

都内ニューオープン・オーセンティックバー ケンリックサウンド・スペシャル版パラゴン納入 JBL Paragon delivered to Newly opened Speakeasy in Tokyo









都内ニューオープンのオーセンティックバーに、ケンリックサウンド・スペシャル版JBLパラゴンを納入しました。ただし、アメリカ禁酒法時代のスピークイージー同様に店舗情報・場所ともに非公開となっております。

2024年1月16日火曜日

愛知カフェ・ベーリングプラント阿久比(2号店)オープン! KENRICK SOUND JBL 4312B Mk2 installed Cafe "BERING PLANT Agui" in Aichi



名古屋のカフェ『ベーリングプラント』店主・元田さんが、ご自宅へのスピーカー導入に続いて、2号店である、『ベーリングプラント阿久比』をオープンされましたので、JBL 4312B MkII を直々にインストールしてきました。"d news aichi agui"という複合施設内のカフェスペースですので、とても広い空間に音が広がります。









カフェ・ベーリングプラント阿久比
〒470-2215 愛知県知多郡阿久比町矢高五反田37-2
"d news aichi agui" 内
TEL 0569-84-9933
https://maps.app.goo.gl/7w74sD5yZffFbpzC8


Cafe & Food "BERING PLANT Agui" in 
"d news aichi agui" 37-2 Yataka-gotanda
Agui-cho, Chitagun
Aichi Prefecture
470-2215
Japan
81-569-84-9933
https://maps.app.goo.gl/mBfh7iNwFL2wRsSX7