2021年10月20日水曜日

JBL 4312B、C37Rhodes完成、JBL D131マグネットの様子、KRS USBアイソレーター完成間近 JBL 4312B, C37 Rhodes completed, JBL D131 magnets, and our original KRS USB Isolator almost complete


以前から、紹介しているJBL 4312Bカスタムの背面へのコイル取り付け作業が完了しました。代表による最終音質チェックを終えれば、完成となります。
The custom JBL 4312Bs that I have been posting on this blog, has been completed as I placed the inductors on the back of the speakers. Our president will check it's sound one last time, and they will be fully finished.


こちらはピアノブラック仕様のJBL C37 Rhodesです。スピーカーが組みあがりましたので、これから周波数特性を測定します。通常の床置きする時の姿からは天地逆さまにして、天吊りしてインストールする予定です。
These are piano black JBL C37 Rhodes. The speakers have been assembled, so I will test it's frequency characteristics. They will be hanged from the ceiling, upside down from it's normal position standing on the ground.


この写真は現在作製中のJBL 4311カスタムに使用予定のJBL D131です。再着磁を終えましたので、これから当社オリジナル開発のコーン紙、クロスエッジを使ってリコーン作業を進めていきます。
These are JBL D131 magnets that we will be using for the custom JBL 4311s that we are making now. They have been re-magnetized, so we will proceed with the re-coning process, using our originally developed cone and cloth surrounds.



こちらは以前作業中の様子を紹介した当社オリジナルのUSBアイソレーターです。間もなく完成します。
This is our original USB isolator, which is almost complete.


現在進めているJBL 4301カスタム用ネットワーク作業、 本日から開始するJBL LX-5のアップグレード作業 Custom JBL 4301 crossover work and JBL LX-5s that I will start today




こちらの写真は現在作製中のJBL 4301カスタムに使用するネットワークの作業です。キャビネット外部に取り付けるフィルター用ファインメットカットコアコイル以外の配線(コンデンサー、ロータリースイッチ)を終えました(4N純銀単線使用)。これから仮配線で全てのパーツを繋ぎ、フィルター特性を測定します。異常がないことの確認が取れたら、いよいよキャビネットへの取り付け作業を開始します。
These are the crossovers for the custom JBL 4301s that we are working on. I have wired(4N pure solid silver) every component(capacitors, rotary switch, etc.) except for the Finemet cut core filter inductors. I will wire them using clips and test it's filter characteristics. After confirming there are no problems, I will start to install them into the speaker cabinet.


これは本日から作業を開始するLX-5ネットワークです。行う作業はコンデンサー交換(Mundorf EVO SilverGold Oil)、抵抗交換(Mundorf MResist SUPREME)、そして全ての端子を金メッキ端子へと交換します。作業を開始する前にまず現状のフィルター特性を測定し、分解作業に入ります。
These are the JBL LX-5 crossovers that I have started working on today. I will replace the capacitors(Mundorf EVO SilverGold Oil), resistors(Mundorf MResist SUPREME), and the terminals to gold plated terminals. I will take the frequency filter characteristic data before I start disassembling it.

2021年10月11日月曜日

突き抜ける音の透明感!ケンリックサウンド・ピアノブラック JBLローズ 天吊りインストール準備  JBL C37 Rhodes Ceiling Mounted Style is being Ready



これより、とあるクラブの天井へ取り付けることとなる、JBL C37 Rhodes 新品精巧リプロダクトのピアノブラック仕様ができあがりました。

本来の床置き姿とは天地逆さまにして、脚の取り付け場所へ天吊り用アイボルトを留めてあります。天井に打ったケミカルアンカーへ、チェーン経由で吊り下げる予定です。

事前に一曲試聴した様子が上記動画です。突き抜けるような透明度高い音が特徴ですね。

細かなスペックは、ウォールナット外装の「異次元音質 JBL C37 Rhodes ローズ 新品精巧リプロダクト 純銀単線配線 超豪勢ネットワーク&マリングレード米松合板」商品ページをご参照ください。

純銀単線配線や、超豪勢ネットワーク&マリングレード米松合板という贅沢な作りです。

2021年10月10日日曜日

JBL 4311カスタム用ネットワーク作業、JBL 4301ネットワーク配線開始、JBL LE15Hエッジ、ダンパー交換完了 Custom JBL 4311 crossover work, JBL 4301 crossover wiring has started, JBL E15H surround and spider replacement


こちらは現在作製中のJBL 4311カスタム用ネットワークです。最近紹介したJBL 4311カスタムや4312Bカスタムと同じ仕様で作っています。各パーツの配線を進めています。
These are the crossovers for the custom JBL 4311s. They are being made with the same specifications as the custom JBL 4311s and 4312Bs that I have been posting recently. I am proceeding with the wiring work.


この写真は同時に作業を進めているJBL 4301カスタムに使用するネットワークです。全てのパーツを取り付け終え、4Nの純銀単線による内部配線を行っている途中です。1本でも配線の取り付け方向を間違えると音質がガラッと変わってしまうため、慎重に進めていきます。
These are the crossovers for the custom JBL 4301s that we are working on now. I have placed all the parts in place, so I have started to wire them using 4N silver wires. If I mistake any one of the silver wire's polarity, the sound will drastically be effected in a bad way, so I must be extra careful.


これはウルトラスエードエッジ交換、ダンパー交換、ボイスコイルセンタリングを終えたJBL LE15Hです。ダンパーの交換はエッジを交換する際でないと出来ませんので、少しでも劣化が見える場合には是非おすすめの項目です。
This is a JBL LE15H that we have changed the surrounds, spiders, and re-centered the voice coil. The spiders can only be changed when we replace the surrounds, so if there are any signs of deterioration, we recommend you replace them to new ones.

JBL 1500FE クロスエッジ交換、JBL ME-150Hウルトラスエードエッジ交換、JBL 4311カスタム、4301カスタム用ネットワーク JBL 1500FE cloth surround replacement, JBL ME-150H Ultrasuede surround replacement, Custom JBL 4311, 4301 crossover work


こちらの写真は現在作業中のJBL 4348に搭載する15インチウーファーのJBL 1500FEです。当社オリジナルのクロスエッジへ交換をし、ボイスコイルのセンタリング調整を行ったので、これから最終プロセスである音質チェックと、インピーダンスデータの測定を行います。
This is a JBL 1500FE 15inch woofer for the JBL 4348s we are making now.. We have changed the surrounds to our original cloth material and re-centered the voice coil position. It will go through the final process of sound quality and impedance tests.

これはウルトラスエードエッジ交換を終えたJBL ME-150Hです。こちらもエッジ交換と同時にボイスコイルセンタリングを終えました。
This is a JBL ME-150H that we changed the surrounds to our Ultrasuede surrounds. It's voice coil has been re-centered during the surround replacement process.


これは現在作製中のネットワークたちです。JBL 4301カスタムとJBL 4311カスタム用のものです。
These are the crossovers that I am working on. They are for custom JBL 4311s and 4301s.


こちらは上記の4301カスタムに仕様するトランス式アッテネータの取り付け作業です。使用するパーツを取り付けるために必要な加工をしなくてはなりません。
It is necessary to process the panel to attach the transformer type attenuators for the 4301s mentioned above.

JBL 4311カスタム完成!JBL 4301カスタムネットワーク作業の進捗 Custom JBL 4311s completed, progress of JBL 4301 custom crossover work


こちらはついに完成したJBL 4311カスタムです。最終周波数特性の測定も終えました。以下、施した内容です。
These are custom JBL 4311s that are finally completed. The final frequency data has been taken also. Below are the work we did on them.

【JBL 4311 カスタム】
・キャビネットピアノポリッシュ
・トランス式アッテネーター新品交換
・CMCスタイル大型金メッキ端子交換
・JBL D131  オリジナル開発コーン紙リコーン 半永久耐性クロスエッジ
・JBL LE5-2 リコーン
・KRS Be20Al アルニコマグネットベリリウム合金ツイーター

[ Custom JBL  4311 ]
*Cabinet piano finish
*Transformer type attenuators
*CMC style gold plated binding posts
*JBL D131 original cone and new cloth surrounds
*JBL LE5-2 re-cone
*KRS Be20Al AlNiCo magnet beryllium alloy tweeter




こちらは現在作製中のJBL4301カスタムに使用するネットワークのパーツです。各パーツの良極性を代表の細井に判断してもらったので、これから各パーツの取り付けを行います。今回は全ての配線を4Nの純銀単線を行います。銀線での配線は気を使う要素がいくつかありますので慎重に作業を進めていきます。
These are the components for the custom JBL 4301s we are making now. The best sounding polarity for each component has been decided by our president, so I will start to assemble them together. We will be using 4N solid pure silver wires for these speakers. There are various aspects you need to be careful with when wiring using pure solid silver wires, so I will proceed with extra care.

2021年10月1日金曜日

JBL 4311カスタム完成まであと少し!JBL 4345オールアルニコ化プロジェクト始動、JBL 4312Bカスタムネットワークも進んでいます JBL 4311custom crossover work almost finished, JBL 4345 all AlNiCo project has begun, JBL 4312B custom crossovers in progress


JBL 4311カスタム用ネットワークの各パーツを取り付け終え、全ての配線も取り付けました。後はコイルの取り付け方向のテストが終わり次第、取り付けて、ネットワーク関係の作業は完了です。
I have placed all of the parts in place, and finished wiring them. After the filter coil's ideal positioning is determined, I will attach that, and the crossover work for these speakers will be complete.


この写真はJBL 4345用ウーファー用の18インチコーン紙の下準備を行っているところです。通常4345のウーファーには2245H(フェライトマグネット)が搭載されていますが、今回はマグネット部分をJBL K151に変更してウーファーのアルニコマグネット化をする予定です。同時にミッドバスもアルニコマグネットの2121に交換します。
This is a photo of an 18 inch cone being prepared to be used for the JBL 4345 woofers. Normally, the 4345 uses a 2245H(ferrite magnet) but this time we are going to change the magnet to a K151 magnet and make it a AlNiCo 18 inch woofer. We will also change the mid-range driver to the 2121s which has AlNiCo  magnets.


こちらはJBL 4312Bカスタム用ネットワークの作業です。コンデンサー、アッテネーター間の配線、各ユニットへ向かう配線を終えましたので、コイル等を仮接続してフィルターの特性を測定します。
These are the JBL 4312B custom crossovers. I have finished wiring the capacitors and the attenuators, so now I will test the filter characteristics.

JBL 4301カスタム用116Aユニット作業、JBL 4311カスタム完成まであと一歩、JBL4312Bカスタムネットワーク組み込み作業 116A woofers for JBL 4301s being worked on, JBL 4311 just one more step to completion, JBL 4312B crossover installation


こちらは現前作成中のJBL 4301カスタムに搭載予定のJBL 116Aです。クロスエッジ交換を終えたので、後はガスケットと取り付けて完成です。今回の4301は昨年末に作製したものと同じ仕様で、ユニットは116A+075の組み合わせ、ネットワークはMundorf Supreme Mcap EVO SilverGold Oilとファインメットカットコアコイル、そしてトランス式アッテネータを使用します。キャビネットに関しては10周年記念KRS4351と同じミッドナイトブルーバッフルの特別仕様となります。
This is a JBL 116A that we will be installing into the custom JBL 4301 s we are making now. The surrounds has been replaced to cloth material, so all there is left to do are the gaskets. These 4301s will be of the same specifications as the ones we made at the end of last year. We will be using the 116A and 075 for the drivers, and as for the crossovers, we are using Mundorf Supreme EVO SilverGold Oil capacitors, finemet cut core inductors, and transformer type attenuators. The cabinets will be featuring the same midnight blue baffle as the10th anniversary KRS 4351s.


この写真は以前から紹介しているJBL 4311カスタムです。代表によるコイル取り付け方向テストを終え、指定の位置に取り付けました。後は再度ユニットを組み込んで完成です。
These are the custom JBL 4311s that I have been working on lately. The coil position has been tested, and placed in it's ideal position. We will place the drivers back in the cabinet, and they will be finished.


こちらは上の4311と同仕様の4312Bカスタムのネットワークをキャビネット内部に取り付けている様子です。
I am installing the crossovers into the custom JBL 4312B cabinets. These speakers are of the same specifications as the 4311s mentioned above.

2021年9月27日月曜日

JBL 4311カスタムネットワーク組み込み開始!JBL 4345キャビネットサンディング、JBL 4312Bカスタムネットワーク作業の続き Installing the JBL 4311 custom crossovers, sanding the JBL 4345 cabinets, JBL 4312B custom crossover work continued

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of our work from today.

JBL 4311カスタムのネットワークをキャビネット内に取り付ける作業を開始します。最終段階であるこの組み込み作業中にピアノ塗装されているこのキャビネットを傷つけてしまわないように細心の注意を払いながら作業を進める必要があります。
I have started to install the JBL 4311 custom crossovers in to the speaker cabinet. I must be extra careful not to scratch or damage the piano finished cabinet in during these final procedures.


こちらは最近紹介しているJBL 4345のキャビネットレストア作業です。サンディングをしているところですね。
This is the JBL 4345 cabinet restoration work I have been posting recently. The cabinet is being sanded.


次はJBL4311カスタムネットワークと一緒に進めていた同じユニット構成、ネットワーク仕様のJBL 4312Bのネットワーク作業を進めていきます。コンデンサー類の配線は終わっていますので、トランス式アッテネーター間やユニットへ行く配線を行い、仮測定をします。
Next, I will work on the JBL 4312B custom crossovers that I have been working on simultaneously as the ones mentioned above, which uses the same drivers and crossover specifications. The wiring of the capacitor section has been already done, after I connect them to the transformer type attenuators I will test its filter characteristics.

JBL 4345 キャビネットレストア作業、JBL C37 Rhodes 天吊り準備、JBL 4311カスタム用ネットワーク JBL 4345 cabinet restoration ,JBL C37 Rhodes being prepared to be hanged form the ceiling, JBL 4311 custom crossovers

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of our work from today.


この写真はJBL 4345のキャビネットのレストアをしている様子です。キャビネット底面にある袴を仕上げているところです。
This is a JBL 4345 cabinet being restored. It is placed upside down and the base part is being worked on.


こちらの写真はピアノ塗装の特別仕様JBL C37 Rhodesを天吊りするための作業をしている様子です。落下する心配のない様に適切な部品選びや設計を行う必要があります。
This is the piano finished JBL C37 Rhodes being worked on to hang it from the ceiling. For them to get hanged safely and stably, we must choose the parts to use and plan very carefully.


こちらはJBL 4311カスタムのネットワークを仮測定している様子です。問題がありませんでしたので、キャビネット内に取り付ける作業を開始します。各パーツをキャビネット内部に取り付け終えたら、配線をして、キャビネット外部背面に取り付けるフィルター用のファインメットカットコアコイルの最良音質取り付け方向をテストします。
These are the JBL 4311 custom crossovers being tested. No problems were found, so I will start to install them in to the speaker cabinet. After the installation and the wiring is done, we will test the best sounding direction to place the finemet cut core filter coils that will be placed on the outside of the speakers.

2021年9月24日金曜日

JBL C36 Viscount 最終測定!JBL 4311カスタム用ネットワーク作業も順調に進んでいます JBL C36 Viscount final tests, crossovers for custom JBL 4311s making good progress

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of our work from today.


最近組みあがったJBL C36 Viscountの周波数特性の測定を行っています。各ステップで作業担当者が厳密にチェックしているとはいえ、最終測定で異常が見つかることもありますので、最後の最後まで気を抜けません。
I am taking the frequency characteristic data of the recently completed JBL C36 Viscounts. Although we are cautious with each step, a problem may be spotted during the final tests, so I have to stay focused till the end.




こちらは現在作業中のJBL 4311カスタムに搭載するネットワークの作業です。パーツの接着を終えたので、これから配線を進めていきます。配線が終わり次第、アッテネーター、コンデンサー、コイル間を仮配線し、フィルター特性を測定します。不具合や異常がないことを点検し終えたら、いよいよキャビネットへの取り付け作業を開始します。
These are the crossovers for the custom JBL 4311s and 4312Bs that we are working on now. I have placed each components in their ideal places, so I will start to wire them. Once the wiring is finished I will connect the attenuators, capacitors, and inductors using clips and temporary wires to test it's filter characteristics. After I have confirmed that there are no defects, I will start to install them into the speaker cabinets.

KRS Be20Al 作製中、JBL 4311,4312Bカスタムネットワーク作業、JBL 127Aクロスエッジ交換 KRS Be20Als being assembled, JBL 4311,4312B custom crossovers, JBL 127A cloth surround replacement

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of work from today.


現在作業中のJBL 4312Bカスタムや4311カスタムに搭載するKRS Be20Al(アルニコマグネット搭載ベリリウム合金ツイーター)を作製している様子です。
These are KRS Be20Als (AlNiCo magnet beryllium alloy tweeter) that will be installed in the custom JBL 4312s and 4311s that we are building now.


こちらの写真は上記のスピーカーたちに使用するネットワーク作業の1コマです。これからパーツの最適配置を決めていきます。
This is a shot from the crossover work for the speakers mentioned above. I will now analyze which is the best pattern to place the parts.

こちらはクロスエッジ交換を行っているJBL 127Aです。当社オリジナルのクロスエッジは様々なメーカー、サイズのスピーカーに対応可能です。当社のウルトラスエードエッジ同等のしなやかさを持ち、半永久耐性ですのでスピーカー本来のポテンシャルを引き出し、エッジが朽ちる心配もございません。お持ちのスピーカーのエッジがボロボロに朽ちてしまっている場合は是非ご検討ください。
This is a JBL 127A that we are replacing the surrounds to cloth material. Our original cloth surrounds can be made for various sizes. It has the flexibility like our Ultrasuede surrounds and is also long lasting, so they will pull the full potential out of your speakers and also have no worries of the surrounds decaying. If your speaker surrounds have decayed, please consider our cloth surrounds.

2021年9月23日木曜日

JBL 4312Bカスタムネットワーク回路ついに決定、JBL C36 Viscount修理完了、JBL C37 Rhodes搭載予定のカスタムネットワーク JBL 4312B crossover schematics finally decided, JBL C36 Viscount repair work finished, Original crossovers for the JBL C37 Rhodes

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of work from today.


JBL 4312Bカスタムのネットワーク回路が確定しましたので、本日からパーツをキャビネット内に取り付けるための準備を開始します。
The crossover schematics have been decided, so I will start to prepare the necessary components to install the crossovers inside the cabinet.


こちらの写真は組みあがったJBLC36 Viscountです。行った作業はD130のリコーンや、075の分解、清掃、再芯出し、そしてN2400ネットワークの端子、アッテネーター交換です。これから代表細井のサウンドチェックを行い、オーケーであれば周波数特性を測定します。
These are recently completed JBL C36 Viscounts. The work we did on them includes JBL D130 re-cone, 075 cleaning and diaphragm center alignment, and replacing N2400 binding posts and attenuators. Our president will check it's finished sound and if they are okay, I will test it's frequency characteristics.


こちらはJBL C37 Rhodesに搭載予定のケンリックサウンドオリジナルネットワークです。フィルター用に最高級Mundorf EVO SilverGold Oilコンデンサーやファインメットカットコアコイルを使用、そしてトランス式アッテネーターを採用しています。
These are our original crossovers that will be installed in the JBL C37 Rhodes. We have chosen high grade Mundorf EVO SilverGold Oil capacitors and finemet cut core inductors for the filters and also used transformer type attenuators.

JBL 375スロート交換、JBL 2214Hクロスエッジ交換、JBL 4312Bカスタムのネットワーク回路テスト JBL 375 throat replacement, JBL 2214H cloth surrounds replacement, custom JBL 4312B crossover schematic testing

こんにちは、ケンリックサウンドの熊木です。本日ケンリックサウンドで行われている作業を紹介いたします。
Hello this is Kumaki from Kenrick Sound. I will post some of our recent works.


まずこちらの写真は、JBL 375のスロートを交換している様子です。オリジナルのプラスチック製のスロートをアルミ製銅のものへ交換します。スロートはスピーカーマグネット内部に位置していますので交換するためには一度脱磁をして磁力を抜き切り、分解して交換作業をを行い、組み立てて、改めて着磁する必要があります。
This is a photo of the JBL 375's throats being replaced from original plastic material to aluminum copper material. The throat lies in the center of the magnet so in order to change them we must first demagnetize, disassemble, replace, reassemble, and then re-magnetize.


これはクロスエッジ交換を行っているJBL 2214Hの様子です。エッジ交換と同時にボイスコイルのセンター出し調整を行います。
This is a JBL 2214H getting it's surrounds replaced to cloth material. When we replace the surrounds, at the same time we re-center the voice coil position in the magnet gap.


この写真はJBL 4312Bカスタムのネットワーク回路テスト作業の1コマです。いつも通り、代表の細井が音を聴きながら最適なパーツのコンビネーションを導き出します。
This is a shot taken from the custom JBL 4312B's crossover schematic testing. As always, our president will determine the best combination of parts to use.

2021年9月15日水曜日

お客様の声 埼玉県・吉川様 ケンリックサウンドにて購入から13年 JBL 4343Bの半永久耐性ウルトラスエードエッジ交換



【お客様のコメント】

ケンリックサウンド 細井様

先日頂きましたJBLスピーカーについての、購入した時の思いやら、今の4343Bへの思いを書いてみました。よろしくお願いいたします。

私のJBLスピーカーとの出会いは、大学時代でした。当時友人宅で聴いたL26から流れるジョンレノンの声にジョンの姿が浮かぶ様に感じられ、すっかり魅了されてしまいました。

自分もいつかはJBLスピーカーでブラックミュージック(この時代はソウルミュージックファンだった)を聴いてみたいと強く思ったものでした。

そしてそれは社会人となって初めて4312を手に入れて実現したのです。JBLスピーカーが奏でるブラックミュージックは歯切れよく、エネルギッシュで、 そのサウンドにますます魅了されてしまいました。

更に、次には充実した低域再現が可能な38㎝ウーハー搭載モデルが欲しくなって、 S3100のホーン型に入れ替えました。しかし、やっぱりJBLは43シリーズこそなのではと気持ちが変わり、ケンリック サウンドさんから2008年に4343Bを購入しました。

この時、インターネットでケンリックさんの存在を知り、JBLと言えばケンリック、 ケンリックと言えばJBLのような存在でした。

4343Bは、ズドンズドンと低音域、パーカッションが遠くで冷たくスコーンスコーン と鳴り、楽器の音がリアルに迫ってきてJAZZ(今はJAZZに熱狂)にはJBLしかありませんと いう感じですね。

そして今回は、エッジの劣化がみられたので、ケンリックさんに修繕してもらい、まるで 新品のようになって戻ってきました。旧車のレストアの変身のごとくでした。ケンリックさん の再生、復元力はすごいの一言。大満足です。



【ケンリックサウンドからのコメント】

今から13年前、2008年8月に吉川様は、当社レストアのJBL 4343Bに関してお問い合わせを頂戴しました。すぐに購入してくださり、下取り品のJBL S3100と入れ替え納品いたしました。

今年の2月になり、ウーファーJBL 2231Hと、ミッドバスJBL 2121Hのエッジを、当社オリジナルの半永久耐性ウルトラスエードエッジへと張り替え依頼を頂戴しました。その後作業が完了して、7月上旬に完成品のユニットをお送りいたしました。

ユニットを吉川様に無事組み付けて頂き、今回のコメントを頂戴することとなりました。長年お使いいただいていることも嬉しく思いますが、技術力の評価を改めて頂戴したことにも感謝いたします。

吉川様、このまま20年、30年と、今後も末永くお使いください。ありがとうございました。

お客様の声 東京都・F様 JBL 4312 Mk2スペシャル 専用電源工事 845+300B管球アンプ KENRICK SOUND Diretta ASIO PC2台による光ファイバ伝送システム

























「さらなるブラッシュアップ ケンリック版 JBL 4312MkII(Mk2)ベリリウムツイーター&アルニコD131特殊ウーファー露出型ファインメットコイル」を注文してくださった東京都F様のご自宅へ、スピーカーのお届けと電源工事、PCオーディオのセットアップを実施しに伺いました。

電源は壁コンセント新設で、通常の共有100V電源とは別に、ブレーカーより直接引き込むオーディオ専用100Vライン、そして200Vライン、さらには3kWのダウントランス経由で得る100Vと115Vという、新たな4系統の独立電源を確保しており、アンプを始めとするアナログ系機器、DACやPCを始めとするデジタル機器など、対応機種に適した電源を使い分けることができるようになりました。

PC2台体制による『KENRICK SOUND Diretta ASIO』通信を生かしたシステムは今回納めたiFi Audio ZEN DACに限らず、あらゆるDACとの組み合わせで高い音質追求効果があります。PCで操作するAudirvana Studio再生音は、光ファイバー伝送でターゲットPC経由へと送り込まれDACへと続きます。845+300BのA級シングル真空管アンプは当社でのチューンを経た特別版です。音質劣化を一切伴うことなく音量コントロールができるトランス式パッシブプリアンプと相まって、極上のサウンドがお部屋に満ちあふれます。当社オリジナルの純銀単線ケーブル各種も大きな効果を引き出しています。

構築された最上のシステムが放つ音の良さは、是非インタビューに応じてくださったF様の動画をご覧ください。

F様、この度は誠にありがとうございました。