2020年6月11日木曜日

韓国へと旅立つ異次元音質のローズ ケンリックサウンド新品精巧リプロダクトスピーカー



本日、韓国へと旅立つスピーカーは、ケンリックサウンド新品精巧リプロダクトの「JBL C37 Rhodes ローズ」です。これより木枠梱包が行われ、明日には空輸されます。到着まで、もう少々お待ちください。

お客様の声 愛知県・M様 JBL 4367WX用 特注ウォールナット総無垢スタンド

M様、この度は当社ブログをご覧になり、JBL 4367用として特注ウォールナット総無垢スタンドをご注文頂き誠にありがとうございました。許可を頂戴して、お客様のブログに掲載された貴重なコメントを、当ページでもご紹介することにいたしました。

【お客様のコメント】

JBL 4367WX
バーンイン300時間の記録

バーンイン250時間を機に、スピーカースタンドを変更した。メーカー選定にあたっては、迷わず、ケンリックサウンドさんに決めた。JBL大型モニターで長年培ったノウハウは絶大なる信頼感であって、他ショップへの依頼はありえない。

変更前) ウオールナットの角材スタンド 高さ10cm




変更後) ケンリックサウンド製 4367WX 用スタンド 高さ19cm (特注品)







で、ケンリックサウンド製のスタンドに載せた4367WXの音だが、4367の個性と思っていた硬質感が薄ぎ、突っぱった感が減って、弾力が出た。ややカサついた感じと、カンカン・コーコーと鳴るのは、JBLの魅力であり、同時に欠点なんだが、エッセンスは残しつつ、しなやかで、艶やかになった。

また、変更前では、上手に鳴る盤とそうでない盤の差が極端であったが、その差が少なくなって、上手に鳴る盤が増えた。つまり、危うい鳴り方をせず、安心して聴ける状態になったのだ。この状態は、まさしく “向上” と言えるし、“4367WXの覚醒” とも言える。

それにしても、プロの技は凄い。スタンド一つで、何ひとつ失うことなく、全体を底上げしてしまった。僕の持論は、「盤を選ぶステレオは性能が悪い」であるが、今回もやはり、それを再確認した結果となった。


ステレオサウンドの207号に、4367WXのレポートがあるが、“いかにもJBL” という記事になっている。意地悪な妄想をすると、評論家先生なら、実際に4367WXを聞かなくても、想像だけで創作できる記事だ(笑。




しかし、ケンリックサウンド製スタンドに乗せた4367WXは、“いかにもJBL” という音ではない。太く濃密でありながら艶っぽいのである。思うに、ダイヤフラムの樹脂化はJBLの英断を示唆するが、設計者の意図がケンリックサウンド製のスタンドによって、顕在化したと、僕は思う。

もし、評論家先生がこの音を聞いたなら、掲載記事は大きく表現が変わっていただろう、 曰く、 “JBL新世紀”  "新境地を開くD2デュアルドライバー” "ねいろの新基準はJBL”  “過去遺産との決別”  などなど。。。。(笑