2006年11月25日土曜日

オークションでのJBL出品シリーズ第○○弾がついに・・・

ご存じの方も多いと思いますが、私がこのJBL43系大型スピーカーを取り扱い始めたきっかけは、ヤフーオークションでの出品が先になります。JBLスピーカーは3年ほど前から出品を始め、当時から必ず「第○○弾」のように、それが何番目に出品した物であるか分かるように表記してきました。

こつこつと出品してきて、早いものでいよいよ現在出品しているものが、第99弾(Vo.1)と、第99弾(Vo.2)であります。オークション以外での販売も含めると、実に130余台ものスタジオモニターをクリーニング、レストア、メンテナンスして販売してきたことになります。

そして、ついにシリーズ第100弾を迎えようとしています。どんなコンディション、いくらの価格のものが出てくるのか期待されている方もいらっしゃることでしょう。そんな期待に十分添えるように商品をご用意したいと考えております。もちろん、当ショップ、JBL43Freakでも同時にご紹介予定ですのでご期待ください。

JBL 4350 ダブルウーファー 往年の名機

ケンリックサウンド株式会社 代表取締役 細井研志 プロフィール

ケンリックサウンド株式会社(KENRICK SOUND CO.,LTD.)
代表取締役:細井研志(Kenji Hosoi)

事業内容:JBL43XX大型スピーカーの販売、メンテナンス・レストア・リプロダクト製作など。
販売ページ:http://JBL43.com
趣味:四駆自動車カスタムサーフィン(休止中)写真
略歴・プロフィール:1978年 東京都生まれ。

JBL往年の名機『4343』の華々しい誕生とほぼ時を同じくして生を受ける。よって日頃スピーカーたちを先輩と敬い大切に手入れする。

幼少期はレゴブロック遊びや物作りに熱中。小中学校時代の図画工作科目では評価大変良し。絵画作品や造形物は都立展覧会選抜や入賞経験につながる。

東京都立小金井北高等学校在学中、理数系進路を希望し大学受験に備えるが、高校三年の春に無謀にも美術系進学希望へ転向。理数系の授業を受ける傍ら美大受験に向けた予備校での文系履修、デッサンなどの実施トレーニングをこなす。しかし二足のわらじ成就せず、東京藝大を筆頭に軒並み撃沈・受験不合格、浪人を余儀なくされた。

黙々と勉学に励む周囲の同志に触発されて一念発起、悠々自適で怠慢な己と決別、徹底勉強を決意する。実家を離れて新聞配達所へ住み込み、新聞奨学生として新聞を配りつつ奨学金を捻出、受験勉強を行うスタイルに変更。遊び仲間との連絡手段であった携帯電話を突如解約、外界との接点を断ち一切交信不能で孤独な受験生へと変身。5浪、6浪がざらな藝大進学ではなく、一般文系大学を目指す方針を固めた。

一方的に失った数多くの友人らを惜しみつつも、華やかなキャンパスライフを夢見て自転車で朝夕刊を配りまくっては、合間を縫って四畳半の木造部屋で必死に勉強する毎日を繰り返す。

自転車か徒歩かの配達手段しか持たないこの配達所の二軒先には、奇しくもミニバイクで颯爽と配り渡る別銘柄の新聞配達所があった。これがある種の格差を感じさせ、遅々として進まない配達日課を投げ出したくなることに繋がる。とりわけ天候の悪い日には焦燥感でいっぱいに。

やけに雪が多く降り続く冬だった。「さあ、もう辞めよう。」勇んで始めてたかだか半年。志半ばに想いを挫折することになる。

その後実家に戻り、気乗りしないアルバイトをこなしていた頃、かつて知り合ったスチールカメラマンから連絡が入る。暇ならうちで雑用をしないか?との誘い。ちょうどアシスタントが辞めて人手が足りないとのこと。

20歳の夏、かくしてカメラマン事務所に雑用係として採用される。アシスタント経験を積んでから、やがてカメラマンの端くれとして従事。週刊誌のフォト・ルポルタージュ担当として撮影、執筆も。一人暮らしを始めて数年後、所属会社が別事業として始めた医療関係の複写撮影業務ならびに医療関係者専門ウェブサイト制作事業部に移籍することに。立ち上げ時から携わり、システム構築、ウェブ制作、撮影業務を一手に引き受けることになった。

多忙極める日常から解放されるのは、趣味のオーディオに関わっているひととき。中学生の頃、憧れだけで遠巻きに見ていたJBL 4344を、いよいよ3年ローンで手に入れたのが24歳の時分。眺めて磨いて聴いて満足・・・というのもつかの間、傷んだ箱や果たして特性が維持されているものかが気になり始める。そうなればまず研究、そして我流で手入れを施し徐々に本来の姿へと近づける。幼い頃、レゴブロック遊びに機械いじり、電子工作でさんざん鍛え上げられた創意工夫の感覚が唸る。“研究に志す”、“志を研く”ようにと名付けられた「研志」が本領発揮された瞬間であろうか。

27歳の夏、「これで行こう!」と7年間勤めた会社を辞め、趣味を頼りに生業とすることを決定。中野区の自宅10帖ワンルームから始めたJBL修理業務は階下の廃業したカラオケスナック跡を倉庫として流用。当時、部屋改造の極意がメディアでも紹介される。手狭になった半年後に大田区南馬込へと引越し、自宅兼事務所として1年間続ける。取り扱い点数が増え、スペース増設を迫られたため現在の大田区上池台に事務所を分離。それまでヤフーオークションのみで販売していた商品を、新たにオープンさせた自サイトでも取り扱い開始。『JBL43Freak』として始めた屋号は、米国のパートナー、リックと出会い『KENRICK SOUND』に名称変更。

2009年11月、ケンリックサウンド株式会社(KENRICK SOUND CO.,LTD.)設立。上池台の会社事務所は、ショールーム、作業場、スピーカー保管庫、倉庫、の4部屋に拡大。前職を離職して4年、副業時期から数えて始業7年目を迎えた現在に至る。

駒沢〜自由が丘近郊にサロンのオープンを計画中(2010年4月に自由が丘にオープンしました)。また、KENRICK CAFE or BAR(仮称)の、ラウンジバー経営を目標とする。(KENRICK SOUNDのスピーカーシステムを基軸に、日中はスピーカーショールームとして、夜はサウンド・バーとしての機能を有す。)内外装、音響設備ともに、自らの趣向の極みを貫く目論見。



KENRICK SOUND CO.,LTD.
President: Kenji Hosoi
Business contents: The sale, maintenance, restore, reprography
of the JBL43XX large size monitor speakers,
Sale page: http://JBL43.com
Hobby: Four-wheel drive car custom, surfing (during a stop), photograph

[Profile]
On August 11, 1978, Born in Tokyo, Japan. I was almost born with brilliant birth of excellent JBL "4343". Therefore, I usually respect speakers as a senior and care for it carefully. I played eagerly for Lego block play and manufacturing for the childhood. In small junior high school days, I was very good for the drawing and manual art. I did the metropolitan exhibition selection and winning prize in a picture work and molding.

During Tokyo Metropolitan Koganei kita high school days, I hope it for university of a science and mathematics system course, but recklessly convert to art system entrance in spring of the third grade at a high school. I took a class of the science and mathematics system. And same time I did the training such as the faculty of liberal arts study and the sketch at the cramming school for University of Arts, Examination was unacceptable and I could not to enter the university.

My friends studied hard very much and I also decided to study. I left home town and lived in the paper place,I studied for examination distributing a newspaper. Suddenly I canceled the cell-phone that was the communication means with the playmate, cut off the point of contact with the outside world, communication is impossible, the lonely life. I change to decide to the general University.

I was regretting the many friends who lost it one-sidedly, and I dreamed of a gorgeous campus life, was delivering the evening and morning paper by bicycle, and I studied in the carving wood room of the four-and-a half-mat. Two places of this, there ware another delivery place, and it has mini bycicle.

I felt a certain difference and wanted to think to give up delivery daily work advancing only slowly. I was feeling this especially when weather was bad.

In the winter’s some day when a lot of snow feel. "I want to leave". Began at most for half a year. I will fail in thought in middle of will.

After that I returned to my home town,when I worked part time job( but I can not want to do so), still camera man ( my friend) telephoned me.

Don't you have a job in my office if you have a free time? Assistant leaves it now and I am busy.

In 20-year-old summer, I was adopted as a junior in the photographer office. I experienced the assistant and cold do photographer's light job. The photo report charge of the weeklies for the photography and the writing.

After starting a single life several years, I will transfer to medical care-affiliated copying photography and medical personnel specialty website production division that the our company began as the other business I started and did the systems construction, web production, photography only myself. Released time when my very busy daily life is to do the audio system of the hobby.

My 24-year-old time I finally got JBL 4344 by a loan for three years, in the days of a junior high student, I had watched only for admiration. Short time I looked and polished it and listened and was satisfied ..., I was interested in the damaged box and performance is maintained or not. At first I studied and put care by own way and could approach the original slowly.

When I was young, I play with Lego block and machine , the sense of an idea trained by electronic revived. That the moment "研志" named "will be studying,", that the talent was shown. In 27-year-old summer "I will go in this" so I leave the company that worked for seven years i and decide that I live with my hobby.

The JBL repair business that I began with ten quires home of Nakano-ku was the downstairs karaoke snack trace which it was bankrupt its business as a warehouse. In those days, the secret of the room remodeling is introduced in the media. So it became small, a half year later, I moved to Minamimagome, Ota-ku and worked as Small Office/Home Office for one year.

Handling of products mark increase and separate an office in current Kamiikedai, Ota-ku because of the enlargement. Until then, I had sold only at Yahoo Auctions, I started in the mew own site.

I began as "JBL43Freak" changed a name of to "KENRICK SOUND". Because I met American partner, Rick.

Established in November, 2009, KENRICK SOUND Co., Ltd. The company office of Kamiikedai spreads in showroom, workshop, storage of speaker, warehouse. Four years past through when I lost employment and seventh years from side business time.

I am planning the opening of the salon in the suburbs of Komazawa - Jiyugaoka (It started from Apr 2011 at Jiyugaoka). And, I want to manage lounge bar of KENRICK CAFE or BAR (a tentative name). (The key of this is a speaker system of KENRICK SOUND and in the daytime, as a speaker showroom and as the sound bar at night.) I have an own deal plan to do the inner decoration, and the sound facilities too.

We can ship the speakers to overseas. Please feel free to contact. info@kenricksound.com