2016年9月30日金曜日

こんなパラゴンの音、聴いたことがない!という評価多数です。日本橋三越本店で聴けるケンリック製パラゴン





















来月、10月11日(火)まで日本橋三越本店の本館5階に展示されているケンリックサウンド製JBL Paragonリプロダクトは、まさに「こんな凄いパラゴンの音は初めて聴いた!」という評価を多数頂戴しております。

音の環境的には不利なスペースではあるものの、三越さんに無理を言って200Vの専用電源をこのためだけに用意して頂いたり、コラボしたロイズ・アンティークスさんの素敵なテーブルやソファとの配置関係、スポットライトの当て方など、私の要望を極力反映してくださったお陰で、限られた条件の中でも十分なパフォーマンスを発揮させることができていると思います。

究極のDAC『E1-KRS』 は大型リチウムフェライトバッテリーでの外部電源駆動、PCとの接続USBラインはバスパワーを遮断した上で専用トランス電源供給であったり、PCへのチャージもリチウムイオンバッテリー経由でスイッチング電源ノイズから隔離。RCAのヴィンテージ845管を搭載する『Triode TRV-845SEB KRS Limited』は、200Vからのステップダウン100V電源を使用するなど、電源周りへの配慮を徹底しました。

「~JAZZのある暮らし~ Jazz Week」というテーマのため、ジャズ再生がメインですが、クラシックやタンゴのサンプル曲も用意しております。

このパラゴンから放たれる音を耳にされた通りすがりの奥様方は、吹き抜けの中央ホール下を一斉に覗き込み、1階で一体何のライブが行なわれているのだろうかと、しきりに確認されている様子が印象的でした。お客様が生音だと疑ってやまない場面を何度も目の当たりにして、ひとまず今回の音が何とかまとまったことに安堵しています。

さて、明日、明後日は土日であり、またインターナショナルオーディオショウの開催期間と重なる日でもあります。みなさま是非、この音を聴きにお越しください。試聴の際はやや音量を上げてもらえるよう、係員にお伝えください。私は両日ともに立ち会いの予定です。(時間帯は未定)

そして、ササキ工芸との共同開発、iPhone用アコースティックスピーカー『Loud L250 Limited』は純金無垢インナーホーンを採用(展示品はセキュリティの都合上、砲金製)という、こちらもこだわりの逸品です。パラゴンに押され気味ではありますが、静かな小部屋で落ち着いて楽しむ大人の趣向品に仕上がっています。