2016年2月1日月曜日

お客様の声 千葉県 佐藤様 最新型 JBL 4367WX用 ウォールナット無垢スタンド ご注文









【お客様のコメント】

ケンリックサウンド
代表取締役
細井研志 様

こんばんは。遅くなりましたが、下記にコメントと写真を送付させて頂きます。

昨年秋からスピーカーの買い替え検討し、最終的にJBLの新しいスピーカーである4367WXの購入を決めました。そして年末に納品、セッティングが完了しました。肝心の音質ですが、4367WXは中域に押し出し感があり、かなりスピードもあります。これは2ウェイと新型のD2デュアルドライバーの影響が大きいと思います。床にスピーカーを直置きしても、すぐにそれなりの音は出してくれます。ただ、エージングが少ない事を考慮しても若干音に色気が少なく、響きが弱い感じが拭えませんでした。

スピーカーを探す際に、ケンリックサウンドさんの事を知り得ました。購入前からスタンドにするかオーディオーボードにするか悩んでおりましたが、ケンリックサウンドさんのHPを拝見し、YouTubeで音を聴きここのスタンドしか無いと思いました。新商品の為、詳細図面がなくハーマンさんよりデータを送付頂きご依頼させて頂きました。その際もサイズのご提案を頂いたお陰でジャストサイズで設置する事ができました。

スタンド設置後、明らかに音が変わりました。音が程よく響き、低音が良く跳ねる様になりました。心なしか高音のきつさも薄れいい意味で音が柔らかくなり、いきなりエージングが完了した感じです。ロックを中心に聴いておりますので、嬉しい変化です。正直、ここまで音が変わるとは思っておりませんでした。音出しをする度にニヤニヤして、音楽を楽しんでおります

細井社長をはじめ、ご丁寧なメールを頂いた村里様、ケンリックサウンドさんの皆様、本当にありがとうございました。



【ケンリックサウンドからのコメント】

佐藤様、このたびは、JBL最新型モニタースピーカー、4367WX用に、当社製作ウォールナット無垢スタンドをご注文頂き、誠にありがとうございます。佐藤様からは、昨年12月、つまり4367WXの発売前にスタンド製作のご相談を頂きました。まだ商品がお手元にない状態でしたので、ハーマンインターナショナルさんから提供された図面を元に、佐藤様とベストなスタンド寸法をご相談の上、割り出しました。

実際にスピーカーが設置されるまで、きちんとマッチするのか心配な点も少しありましたが、佐藤様から写真とお喜びのコメントを頂戴して、安心致しました。

この厳選された北米産ブラックウォールナット無垢材を惜しげもなく使用した重厚なウッドスタンドは、スピーカーの魅力を引き立たせます。ウォールナット柄キャビネットであるJBLスピーカーとの見た目、そして音の響きが最もマッチするスタンドです。

汎用ブロックや一般木製スタンド、金属スタンドでは生かし切れない、キャビネット全体の共鳴を素直に引き渡します。JBLモニターは大いに箱鳴りするスピーカー(とりわけ底面は盛大に共振)ですから、鳴りの美しいスタンドと共に浪々と響く環境を整えてあげることが大切です。

佐藤様、今後ともよろしくお願い致します。