2016年6月23日木曜日

お客様の声 代官山の紹介制バーオーナー 戸崎様 JBL 4312 MkII ベリリウムツイーターカスタムご依頼


アルマイト製フランジを備える豪華なベリリウム青銅ツイーターに換装済みの4312 MkII









代官山にある、知る人ぞ知る一見さんお断りの紹介制バーのオーナーでいらっしゃる戸崎様は、JBL 4312 MkIIを店舗用スピーカーとしてお使いのお客様です。先日店内を清掃中に、誤ってウーファーのコーン紙と、ツイーターダイアフラムに掃除機のノズルを突っ込んでしまい、いずれも派手に破損してしまったということでした。

JBLスピーカーの修理に関するケンリックサウンドの評判を聞きつけ、何とか直してほしいと依頼を頂戴したのが今年2月のことです。そこで、ウーファーは左右共に新品リコーン。左右特性の整合のため、アッテネーターの新品交換に加えて、コンデンサーをSilver Z Capへと新品交換。ツイーターは標準品のチタンから、ケンリックサウンド謹製ベリリウム青銅ツイーターにカスタム交換することとなりました。

作業完了してから戸崎様に当社ショールームにて音を確認していただいたところ、「えっ?本当にこのスピーカーが鳴っているの??」と、驚愕の表情でスピーカーの近くへ寄ってみたり、裏側をのぞき込んだりしていらっしゃいました。音響にはお詳しくないとのことですが、機械ものが大好きとおっしゃる戸崎様は、その大きな変貌ぶりに興味津々のご様子。奥行きと広がりが格段に増して、低音も高音も別物のようにグレードアップしたスピーカーに、とても満足していただけました。

今後は清掃時にスピーカーを壊してしまわぬよう、設置場所を高所にレイアウト変更されるとのことでしたから、低域と高域の相対レベルの見直しが大切であることをお伝えしました。普段聞き慣れた楽曲をショールームでお聴きいただきましたので、お店でも再生していただき、大きな違いがあるときは、出張によるチューニングのご依頼をいただくこともおすすめいたしました。

戸崎様、このたびは誠にありがとうございました。