2015年9月15日火曜日

ワークショップでいただくサラメシ と メリハリJBL4311B

今週のサラメシは西陣織の工房でした。親族である工房スタッフの皆さんで食卓を囲んでまかないを食べていました。京野菜がふんだんに使用された。幸せな食卓をみせてもらいました。まかないも憧れはありますがケンリックサウンドでは思い思いのお弁当をみんなそれぞれ食べてます。







 私はチンジャオロース風肉野菜炒め、ゴロゴロ練り物入りの極太ひじき、に肉厚の紅鮭のソテーです。細切りよりもさらに細かく刻んだ豚肉、挽肉よりも大きいのでそれなりの食感を楽しむことができ、小麦粉や片栗も使用していないので、あっさり食べることができます。 ひじきは極太で食べ応えがあります。油揚げの代わりに練り物を入れることでおかず感がアップ。もりもりたべることができました。 鮭は塩焼きてばなく、バターでソテーしました。これで和洋中揃ったお弁当になります。ふわっと薫るバターの風味が酒に向かうモチベーションを大いに上げてくれます。 





JBL4311Bはサンディングに塗装といつものように着実に仕事を進めています。最初に恐怖を覚えたまだら模様も今となっては笑い話。今回のケースでは削ってすぐにまだらだったことを忘れるくらいに、一舐めでまだらが解消され、統一された木目の表出を確認できました。
 つづく…。