2015年9月21日月曜日

秋の頂き物 と 名機 JBL Olympus レストア開始!

食欲と芸術の秋にふさわしい頂き物が続けざまに届きました。 以前ケンリックサウンドでKRS 4315C を購入された香港のお客様からギフトが届きました音質の良いレーベルのCDでした!ありがとうございます! 








そして別のお客様からはトップスのチョコレートケーキをいただきましたありがとうございます。 濃厚なお味、秋の入り口に甘いものが欲しくなる季節にスタッフ一同美味しくいただきました!







オリンパスはJBL075とJBL375の各ユニットを外しています。 めくら板、ツィーターまでは順調に来たユニット外しですが、JBL375は大きなカブのように抜けません。コンプレッションドライバー2420とは違い体脂肪率が高めの私にとってはすぐに筋肉痛になってしまうほどの重みです。 辛くなり声を上げながら何とかキャビネットから取り出しました。 


外してからはまずはツイッターの方からいじっていきます。今回は純正アルミ無垢材ホーンを活かしていくという事ですので、汚れ、くすみが取れるように磨きをかけていきます。ギャップ清掃を行い、仮組みをしていきます。そして、JBL375の作業に移ります。まずはバックキャビティを開けて吸音材を確認、ボロボロです。これは新品に交換しいつものような手順で進めますがこのダイヤフラムの大きいこと大きいこと。
つづく…。











↓磨き前(左)磨き後(右)