2015年9月8日火曜日

JBL4343BWX 高域インストール完了!

JBL4343BWXはコンプレッションドライバーJBL2420とツィーターJBL2405をインストールしました。左右対称になるようにツィーターを配置。 仕上がりは再塗装が施されていますのでしっかりとしたマットブラックがよみがえっています。きれいに塗装した上部バッフル面を取り外し、傷がつかないように取り回し、各ユニットを新品のネジで取り付けていきます。 角が落ちやすい構造なっていますので、傷をつけないことはもちろん、ユニットが入った状態では重さも増していますので、腰も痛めないように注意して作業を進めていきます。









JBL4343 BWXのバッフルは10本のネジで留められています。外す時は固着したりしていて、人の手だけでは外れないこともあります。いったんねじ止めをしてから、また開けるとなると一苦労ですので、インストール前の各ユニットのチェック、インストール中の結線など、今一度確認しながらの作業になります。 それからこのバッフル面のネジを受ける本体側のTナットの緩みも確認して、外れそうになっていた場合には付け替えるなどの処置を施しておきます。
つづく…。















↓オイルフィニッシュも施し艶感もアップしました!