2015年10月15日木曜日

最近のダボ と 最近のALTEC CRESCENDO!

後期高齢者の女性から棚板を作るように依頼を受けて、家になる机に使用していた余った材料で板材を切り出すことにしました。数としては6枚ほどなのでのこぎりで切り出して、木口に鉋を掛けて整えるのですが、その物入れがダボ式の物入れで、ダボの位置を変えることでその高さを調整できるというよくある代物です。 ということは切り出した板材に寸法を割り出してダボ受けのへこみを作る必要が出てきます。であるならば鑿の出番になるわけですが、ちょっと研ぎ直さないと調子が悪そうだったので逡巡してしまいます。









じゃあ溝は切らないでそのままダボに乗せる形にしようかとも思いましたが、それだと何かの拍子に棚にのっていた物と棚板自体が落ちてきて、後期高齢者の足に落ちた日には骨折!?虐待になりかねません。それは大変問題なので何か良い案は無いものかPC画面とにらめっこしていたところ、これまたよい物が見つかりました! 今は良い物がありますね。溝加工はいらない上に、前後方向への棚板の滑り出しを防いでくれるタイプになります。板厚によってサイズが分かれていて、わたしは18ミリを選択。無事納品できました。よかったよかった。


ワークショップではアルテッククレッシェンドの塗装を始めています!
つづく…。